【お知らせ】2021年度青少年向け啓発事業の実施校の募集について

2021年度青少年向け啓発事業の実施校の募集について

 

横浜AIDS市民活動センター(以下、センター)が主催する青少年向け啓発事業について、実施希望の学校を募集します。

事業概要は以下のとおりです。

 

1.青少年向け啓発事業とは

横浜市内の学校及び団体の青少年(小学生高学年・中学生・高校生)を対象に、エイズについての正しい知識の普及及び患者・感染者への理解を図るために、センターが委託したNPO/NGO団体等から講師を派遣し、エイズに関する講演会やワークショップを実施します。

※講師派遣にかかる費用はセンターが負担します。会場及び機材等の事前準備はご協力をお願いします。

 

2.2021年度実施上限 7件

 

3.申請期間 2021年5月17日(月)~6月21日(月) 消印有効

申請が上限の7件を上回った場合は抽選となります。

申請期間終了後、空きがある場合のみ先着(口頭は不可、計画書のセンター到着順)で受け付けます。

※抽選で外れた場合も授業相談に応じます。ご利用ください。

 

4.事業の流れ 申請~実施~報告まで

①申請方法:

希望する学校等はセンターへ「2021年度青少年向け啓発事業計画書」をご提出ください(原本郵送、要押印)。

事業実施日時は予定で構いません。計画書記入等について不明な点はお気軽にお問い合わせください。

送付先:〒231-0015横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F 横浜AIDS市民活動センター

②審査・通知:

センターはご提出いただいた「2021年度青少年向け啓発事業計画書」を審査(実施上限を超えた場合は抽選)し、結果を学校等へ通知します。

③講師団体の決定:

実施が決定した学校等とセンターで詳しい内容を協議し、希望に添った講師団体(候補)をセンターが調整のうえ、決定します。

④内容決定:

講師団体決定後、詳しい内容について、学校等・講師団体・センターで協議し、決定します。

⑤終了後:

学校等は「2021年度青少年向け啓発事業報告書」をセンターへご提出ください。アンケート結果等の資料があれば添付をお願いします。

 

要項詳細や計画書をご希望の方は横浜AIDS市民活動センターまでご連絡ください。

 

【お問い合わせ・計画書送付先】

横浜AIDS市民活動センター

〒231-0015横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F

TEL 045-650-5421 FAX 045-650-5422

E-mail info@yaaic.gr.jp

平日13:00~20:00 土祝10:00~17:00(火・日休館)

 

【お知らせ】性・エイズに関する学習会2021 申込締め切り日

性・エイズに関する学習会2021の申込締め切り日が近づいています。

お申し込みの上、ご参加ください。

 

3/20(土・祝)11:00~12:00

「中高生の声から考える性教育と性の健康を守る医療の課題」

講師:遠見才希子さん

→申込締め切り日:3月19日(金) 13時まで

 

3/27(土)11:00~12:00

「子どもの気持ちを聴いてください~デートDVの現状とLINE相談から見えるコロナ禍の子どもたち~」

講師:阿部真紀さん

→申込締め切り日:3月26日(金) 13時まで

 

定  員:各50名(定員に達しましたら、申込を締め切らせていただきます)

 

【お知らせ】性・エイズに関する学習会2021 受付を開始しました。

定員: 各50名(申込順)
※ 通信機器(PC、スマートフォン、タブレット)及び通信環境をご確認の上、申し込みください

※ 個人情報の取り扱いについて
お申込みの際にお伺いする個人情報は、講座開催の予約確認・突発的事情による中止などの連絡・講座実施方法の連絡にのみ使用し、それ以外の目的では使用しません。

3/20 (土・祝) の申し込みはこちら → https://forms.gle/DiHuMgGEnox2nizW6
3/27 (土) の申し込みはこちら → https://forms.gle/zNnYpDnbwfHxSGH17

視聴方法は後日申込された方にメールでご案内します。

性・エイズに関する学習会2021のご案内

横浜AIDS市民活動センターでは連続講座「性・エイズに関する学習会2021」を開催いたします。
Zoomウェビナーを利用したオンライン学習会です。1日だけの受講も可能です。
自分のからだ、自分のこころ、向き合っていますか?
今までとは異なる社会状況の下、学校生活、社会生活を送っている子どもたちや若者たちが元気づけられ、安心して生きていけるように考えていきます。
ぜひご参加ください。

【3/20(土・祝)11:00~12:00】
タイトル:中高生の声から考える性教育と性の健康を守る医療の課題
講師:遠見才希子さん(湘南藤沢徳洲会病院産婦人科非常勤・
筑波大学大学院社会精神保健学在学)
著書:ひとりじゃない 自分と心とからだを大切にするって?
(発行:2011年ディスカヴァー・トゥエンティワン)

 

 

 

【3/27(土)11:00~12:00】

タイトル:子どもの気持ちを聴いてください~デートDVの現状とLINE
相談から見えるコロナ禍の子どもたち~
講師:阿部真紀さん(認定NPO法人エンパワメントかながわ理事長)
著書:暴力を受けていい人はひとりもいない(発行:2018年高文研)

 

 

 

 

【お知らせ】性・エイズに関する学習会2021のご案内

 

参加対象:子どもや若者支援者、学生、テーマに関心のある方
定員:各50名(申込順)
参加費:無料
開催会場:視聴方法は後日申込された方にメールでご案内します。
申込方法:
2月17日(水)15:00から、当センターのHPで受付を開始します
通信機器(PC、スマートフォン、タブレット)及び通信環境をご確認の上、申し込みください。

※ 個人情報の取り扱いについて
お申込みの際にお伺いする個人情報は、講座開催の予約確認・突発的事情による中止などの連絡・講座実施方法の連絡にのみ使用し、それ以外の目的では使用しません。

お問い合わせ:横浜AIDS市民活動センター
TEL:045-650-5421 FAX:045-650-5422

【お知らせ】センターの利用方法について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、次のとおり開館しています。

 

・書籍やポスターなどの貸し出しは事前予約制です。

・館内のスペース(ミーティング、作業)や印刷機器(コピー機等)の使用は2020年度施設登録

団体のみとします。

・新型コロナウイルス感染症の流行状況によって、利用方法が変更となる場合があります。

 

ご利用の際は、事前にお問い合わせください。

【お知らせ】年末年始の休館について

横浜AIDS市民活動センターは以下の期間、休館させていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

年末年始休館:2020年12月28日(月)~2021年1月4日(月)

★12月29日(火)横浜市夜間検査は休みになります

【お知らせ】世界エイズデー in Yokohama 2020 

今年度の「世界エイズデー in Yokohama 2020」の活動では、「知ってる?エイズのこと。」と題し、啓発ポスターを作成しました。

当センターのマスコット・コムちゃんから、エイズを身近な問題として関心をもってほしい気持ちが込められています。

啓発期間:11月16日(月)~12月25日(金)

ポスターが必要な方はセンターまでお問い合わせください。(数に限りがございます)

【更新】センター利用制限のお知らせ

新型コロナウイルスの感染防止拡大のため、

センターの一部施設貸出(ミーティングスペース・コピー機・印刷機)は行っていません。

10月からポスターや啓発グッズ、図書の貸出は事前予約となります。

新型コロナウイルス感染拡大状況によって利用が変わります。

ご利用の際は、事前にお問い合わせください。

【お知らせ】横浜AIDS市民活動センターの休館について

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、

当面の間、横浜AIDS市民活動センターは休館となります。

 

ご不便をおかけいたしますが、

ご理解くださいますようお願いいたします。

 

横浜AIDS市民活動センター

(運営団体:公益財団法人横浜YMCA)

 

【お知らせ】2020年度青少年向け啓発事業の実施校の募集について

2020年度 青少年向け啓発事業実施校の募集について

 

横浜AIDS市民活動センター(以下、センター)が主催する青少年向け啓発事業について、実施希望の学校を募集します。
事業概要は以下のとおりです。

 

1.青少年向け啓発事業とは
横浜市内の学校及び団体の青少年(小学生高学年・中学生・高校生)を対象に、エイズについての正しい知識の普及及び患者・感染者への理解を図るために、センターが委託したNPO/NGO等から講師を派遣し、エイズに関する講演会やワークショップを実施します。
※講師派遣にかかる費用はセンターが負担します。会場及び機材等の事前準備はご協力をお願いします。

2.2020年度実施上限 7件

3.申請締切 2020年5月13日(水)消印有効
計画申請が上限の7件を上回った場合は抽選となります。
受付期間以降、空きがある場合のみ締切以降も計画申請を先着(口頭は不可、計画書のセンター到着順)で受け付けます。
※抽選で外れた場合も授業相談に応じます。ご利用ください。

4.事業の流れ 申請~実施~報告まで
①申請方法:
希望する学校等はセンターへ「2020年度青少年向け啓発事業計画書」をご提出ください(原本郵送、要押印)。
日時は予定で構いません。計画書記入等について不明な点はお気軽にお問い合わせください。
送付先:〒231-0015横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F 横浜AIDS市民活動センター
②審査・通知:
センターはご提出いただいた「2020年度青少年向け啓発事業計画書」を審査(上限を超えた場合は抽選実施)し、結果を学校等へ通知します。
③講師団体の決定:
実施が決定した学校等と詳しい内容を協議し、希望に添った講師団体(候補)をセンターが調整します。
④内容決定:
講師団体決定後、詳しい内容について協議・決定します。
⑤終了後:
学校等は「2020年度青少年向け啓発事業報告書」をご提出ください。アンケート結果等の資料があれば添付をお願いします。

要項詳細や計画書をご希望の方は横浜AIDS市民活動センターまでご連絡ください。FAX及び郵送で送付します。

【お問い合わせ・計画書送付先】
横浜AIDS市民活動センター
〒231-0015横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F
TEL 045-650-5421 FAX 045-650-5422
E-mail info@staging.yaaic.gr.jp
平日13:00~20:00 土祝10:00~17:00(火・日休館)