【更新】センター利用制限のお知らせ

新型コロナウイルスの感染防止拡大のため、

センターの一部施設貸出(ミーティングスペース・コピー機・印刷機)は行っていません。

10月からポスターや啓発グッズ、図書の貸出は事前予約となります。

新型コロナウイルス感染拡大状況によって利用が変わります。

ご利用の際は、事前にお問い合わせください。

【お知らせ】横浜AIDS市民活動センターの休館について

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、

当面の間、横浜AIDS市民活動センターは休館となります。

 

ご不便をおかけいたしますが、

ご理解くださいますようお願いいたします。

 

横浜AIDS市民活動センター

(運営団体:公益財団法人横浜YMCA)

 

【お知らせ】2020年度青少年向け啓発事業の実施校の募集について

2020年度 青少年向け啓発事業実施校の募集について

 

横浜AIDS市民活動センター(以下、センター)が主催する青少年向け啓発事業について、実施希望の学校を募集します。
事業概要は以下のとおりです。

 

1.青少年向け啓発事業とは
横浜市内の学校及び団体の青少年(小学生高学年・中学生・高校生)を対象に、エイズについての正しい知識の普及及び患者・感染者への理解を図るために、センターが委託したNPO/NGO等から講師を派遣し、エイズに関する講演会やワークショップを実施します。
※講師派遣にかかる費用はセンターが負担します。会場及び機材等の事前準備はご協力をお願いします。

2.2020年度実施上限 7件

3.申請締切 2020年5月13日(水)消印有効
計画申請が上限の7件を上回った場合は抽選となります。
受付期間以降、空きがある場合のみ締切以降も計画申請を先着(口頭は不可、計画書のセンター到着順)で受け付けます。
※抽選で外れた場合も授業相談に応じます。ご利用ください。

4.事業の流れ 申請~実施~報告まで
①申請方法:
希望する学校等はセンターへ「2020年度青少年向け啓発事業計画書」をご提出ください(原本郵送、要押印)。
日時は予定で構いません。計画書記入等について不明な点はお気軽にお問い合わせください。
送付先:〒231-0015横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F 横浜AIDS市民活動センター
②審査・通知:
センターはご提出いただいた「2020年度青少年向け啓発事業計画書」を審査(上限を超えた場合は抽選実施)し、結果を学校等へ通知します。
③講師団体の決定:
実施が決定した学校等と詳しい内容を協議し、希望に添った講師団体(候補)をセンターが調整します。
④内容決定:
講師団体決定後、詳しい内容について協議・決定します。
⑤終了後:
学校等は「2020年度青少年向け啓発事業報告書」をご提出ください。アンケート結果等の資料があれば添付をお願いします。

要項詳細や計画書をご希望の方は横浜AIDS市民活動センターまでご連絡ください。FAX及び郵送で送付します。

【お問い合わせ・計画書送付先】
横浜AIDS市民活動センター
〒231-0015横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F
TEL 045-650-5421 FAX 045-650-5422
E-mail info@staging.yaaic.gr.jp
平日13:00~20:00 土祝10:00~17:00(火・日休館)

【お知らせ】 施設貸出の休止について

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、

センターの施設貸出を、

4月12日(日)まで休止いたします。

 

ご不便をおかけいたしますが、

ご理解くださいますようお願いいたします。

 

横浜AIDS市民活動センター

(運営団体:公益財団法人横浜YMCA)

 

【お知らせ】性・エイズに関する学習会2020 「自分と相手を大切にするって?~若者の性の現状と産婦人科医の課題~」

【学習会は新型コロナウイルス感染拡大により

中止と決定しました。お申込みの皆様には

ご期待に沿えず申し訳ございません

 

昨年につづき、横浜AIDS市民活動センターは性・エイズに関する学習会を開催します。タイトルは

「自分と相手を大切にするって?~若者の性の現状と産婦人科医の課題~」です。

「付き合う」とは、「相手の所有物になる」ことではありません。

相手との関係を良好だと思いたい気持ちのせいで、心も体もちぐはぐになってしまう。それは

子どもだけでなく、大人にもあることではないでしょうか。

現役の産婦人科が、具体的な事例をもとに、「若者の性」と産婦人科医にとっての課題を語ります。

 

日時:2020年3月20日(金・祝) 10:30~12:00
講師:遠見 才希子(えんみ さきこ)さん (著書 『ひとりじゃない~自分の心とからだを大切にするって?~』。筑波大学大学院―精神保健学分野―在学中・湘南鎌倉総合病院産婦人科非常勤医師)

主な対象は、子どもと接している方(養護教諭、保健師、親)などです。

 

会場:横浜AIDS市民活動センター・ミーティングスペース
住所:〒231-0015 横浜市中区尾上町3-39尾上町ビル9F

JR関内駅北口/地下鉄関内駅①番出口より徒歩1分、丸三証券の赤い看板があるビルの9階です。

 

定員:15人 事前申込制 無料 受付開始は2月14日(金)13時から

 

お申込方法:件名に「3月講座申込」、本文にお名前・ご連絡先をご記載の上、以下の横浜AIDS市民活動センターにE-mailかFAXでお送りください。(受付後、折り返しご連絡いたします。1週間以上も返信がない場合はお手数ですがお電話ください。)

E-mail info@yaaic.gr.jp
FAX 045-650-5422

 

お問い合わせ:横浜AIDS市民活動センター
(公財)横浜YMCAが横浜市から事業を受託しています。
TEL:045-650-5421 FAX:045-650-5422
E-mail:info@yaaic.gr.jp
URL:https://yaaic.gr.jp

【お知らせ】当センターはよこはま国際フォーラム2020に参加し、基礎知識講座を開催します!

フォーラムの2日間、他にも国際協力や多文化共生に関するさまざまな講座が開催されます。

 

『世界と日本の性と現状について』

日本と世界の性教育の比較に加え、性に関する自分自身の健康について考える機会を作ります。

日時:2月16日(日) 11:00~11:50

会場:JICA横浜(横浜市中区新港2-3-1) 4F  セミナールーム4

参加費:フォーラム参加費が必要です(高校生以下は無料)

詳しくは、フォーラム公式サイトへ

HP: http://yokohama-c-forum.org/wpforum/

【お知らせ】年末年始の休館について

横浜AIDS市民活動センターは以下の期間、休館させていただきます。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

年末年始休館:2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)

★12月31日(火)横浜市夜間検査は休みになります

 

 

臨時休館のお知らせ

横浜AIDS市民活動センターは、11月30日(土)、世界エイズデー in Yokohama 2019 開催のため、休館させていただきます。ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

【イベントのお知らせ】世界エイズデー in Yokohama 2019

入場無料・予約不要のイベントです 🙂

皆様のご参加をお待ちしております!!!

 

世界エイズデー in Yokohama 2019

コムちゃんに会えるかも!? ― 会えます

 

日時:2019年11月30日(土) 11:00~16:30

会場:新都市プラザ(そごう横浜店地下2階正面入口前 ※横浜駅東口)
主催:横浜AIDS市民活動センター
参加団体:アジアの女性と子どもネットワーク、AIDSネットワーク横浜、神奈川県臨床検査技師会STI予防啓発委員会、SHIP、横浜YMCA

 

実施内容:レッドリボン手作りコーナー、HIV・エイズ啓発パネル展示、パンフレット配布、アンケートクイズ、参加賞つきクイズラリー、バルーンアート 等

臨時休館と開館のお知らせ

台風19号の接近による被害回避と交通機関の計画運休の情報を受け、
以下の通り臨時休館といたします。
 臨時休館:2019年10月12日(土)
 今後の予定:
 10月12日(土) 臨時休館
 10月13日(日) 休館日
 10月14日(月祝)10:00~17:00(祝日開館)